土木施工管理

土木施工管理・職種・仕事内容

職種・仕事内容

主にゼネコン各社の技術員が担当者となります。定期的に訪問し、工事用の機械や足場・階段支柱など、特別仕様の鋼構造製造物の進捗管理と報告、さらには据え付けに向けての打ち合わせなどの工程管理が中心となります。日頃から取引先様や社内担当部署とコミュニケーションを密にしながら、常にヒアリングとリサーチをしていくことが大切な要素となります。それにはやはり信頼関係がしっかり築かれていなくてはなりません。聞き上手なあなたならではのキャラクターを生かせる業務です。

作業員の安全管理、工事工程管理や現場での寸法計測や実測などこの業界ならではの守備範囲の広さも面白みのひとつ。そんなこともあり、建設業界での営業や施工管理の経験がある方にピッタリの仕事だといえます。現場での情報収集も欠かすことができませんが、まずは上司や所長、営業に同行しながら、当社独自の業務スタイルを身に付けていただくことになります。1週間の流れとしては、現場施工管理とそれ以外は事務所内で作業手順書や安全書類等を作成したり、工程管理を確認したりのオフィス業務。カバーエリアとしては、中部東海3県を担当していただくことになります。

土木施工管理 写真1
土木施工管理 写真2

一品一様だから、毎日違ったものに関われるのが魅力の仕事です。

土木施工管理というと「毎日同じもの」を管理するという平坦なイメージが強いかもしれませんが、当社の場合は一品一様の完全オーダー品。ですから、基本的に同じ仕事が続くということはありません。現場に合わせてこういうものが欲しい、こういう構造が作れないか、といった現場課題があり、それを形にしていく仕事なのです。現在当社で受注しているビッグプロジェクトとして、新幹線やリニア開通工事のための産業用特殊機械や鋼製防音パネル、沓検査用足場、保守用階段、鋼製緩衝工などがあります。国家レベルのプロジェクトの管理者として活躍していく機会も出てくることと思います。